おもてなしの心がこもった 由布院の郷土料理

お料理

大切な人と創り出す未体験の新しいオリジナル会席「梅園皆席」

従来の個々に盛られたお料理ではなく、2~3人用に盛られたお料理を
お連れ様と囲みながらお召し上がりいただきます。

大切なお連れ様との旅の時間の中で、素晴らしい「食」の時間を
ご一緒に分かち合いながらお過ごし頂く為の食事スタイルでございます。
また、食材一つでもタレや薬味などの数種類からお好みの組み合せで多彩なお楽しみ方が広がります。

大切なお連れ様との食の時間を共に分かち合いながらお食事頂く為の会席を
皆で思い出を創るとの意味を込めて、『梅園皆席』と呼んでおります。

梅園皆席

料理長のこだわり

皆様で楽しい会話を…

四季折々の食材に耳を傾け、素材の良さを活かし常にお客様の事を思い描きながら、食卓の上に瑞々しい四季の風景を感じて頂けるよう味はもちろん、見て楽しく会話が弾み少しでもお客様の心に、思い出に残るお料理を提供したいと思っております。料理長始め、皆で日々精進を忘れずの心を込めたお料理を是非味わいにお越しくださいませ。

梅園料理長 津久間正治

料理長

おしながき

梅園彩雅会席お品書き

別注料理

別注料理でも由布院ならではの季節を感じる旬の味をお召上がりいただけます。
大分の特産品である「関さば」や柔らかく旨味のある「冠地鶏」、全国品評会で好成績を収める「豊後牛」などをここでしか食べることのできない地産地消スタイルでご提供いたします。

関さば姿造り

関あじ姿造り

料理一例

  • 地鶏のたたき
  • 豊後鶏天
  • 鯛姿造り
  • お子様料理(夕食)

※料金は全て税別です。

3日前までに受付が必要なお料理
関さば姿造り
約15,000~約20,000円(税別)
関あじ姿造り
約10,000~約15,000円(税別)
刺身盛り合わせ(4人前)
約12,000円(税別)
伊勢海老刺身(2人前)
約10,000~約15,000円(税別)
伊勢海老焼物(1匹)
約10,000~約15,000円(税別)
アワビ刺身(1人前)
約6,000~約10,000円(税別)
アワビ焼物(1杯)
約6,000~約10,000円(税別)
やまめの塩焼き※1(1人前)
1,000円(税別)
あゆの塩焼き※2(1人前)
1,000円(税別)
大分姫島 車海老の刺身(2尾)
2,000円(税別)
当日19時までに受付が必要なお料理
地鶏のたたき(1人前)
1,500円(税別)
冠地鶏手羽の唐揚げ(1人前)
1,000円(税別)
豊後鶏天 約180g(1人前)
1,200円(税別)
当日18時までに受付が必要なお料理
鯛姿造り(4人前)
約12,000円(税別)
豊後牛ステーキ 約150g※3(1人前)
4,000円(税別)
冠地鶏の陶板焼き 約150g(1人前)
3,000円(税別)
真河豚たたきのしゃぶしゃぶ※4(1人前)
1,000円(税別)
お子様料理(夕食)
3,500円(税別)

仕入れの都合によりお受けできない場合がございますので、予めご了承下さいませ。また、料理例のお写真はイメージとなります。
※ 関さばの入荷は大変厳しく、確実にご準備できるかは保障できません。
また、12/26~1/6までの期間はお受けできませんので、予めご了承下さいませ。
※1 やまめの塩焼きは11月~5月の期間のみの受付となっております。
※2 あゆの塩焼きは6月~10月の期間のみの受付となっております。
※3 豊後牛ステーキは仕入の都合上、水曜日はお受けできません。
※4 真河豚たたきのしゃぶしゃぶは冬季限定のみの受付となっております。

※12/26~1/6の期間は全ての別注料理メニューのご注文をお受けできませんので、ご注意下さいませ。

朝食

朝食は和食のみとなっております。
品数が多く、地元のおすすめ食材を使用したバランスのとれたメニューで朝から元気に活動していただけるようにお手伝いいたします。
連泊利用の方は料理内容を一部変更させていただきますので2泊目も更にお楽しみいただけます。

ご利用時間 7:30~9:30

和食イメージ

和食について

湯布院豆乳温泉豆腐や燻家(いぶすけ)ロースハム、高原牛乳など地元の食材を使用した健康的なメニューを取り揃えており、季節に応じて焼肴や香の物は旬の食材を使用しております。

※仕入れの都合で多少内容が変わることがございます。

食事処

食事処写真

夕食・朝食は本館のレストランまたは個室のお食事処をご利用ください。

夜には当館敷地内の「cafe & bar えんじ」でライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれながらカクテルをお楽しみいただくのがおすすめです。

お食事処のご案内

  • Cafe & bar えんじ
  • 由布院の良さを再発見!!フォトギャラリー
  • 梅園の魅力
  • 過ごし方
  • スタッフブログ